専門分野に合わせる

交通事故の被害に遭った際には、保険会社との示談交渉を全て任せられるとともに、示談金や慰謝料の増額ができて、泣き寝入りを防げるといったメリットがあるからこそ、弁護士に相談をしての対応をするのが望ましいといえます。そして、交通事故案件の解決実績が豊富な弁護士へ依頼することを意識した方が良いでしょう。

弁護士という資格は一つだけであるものの、ジャンルはしっかり分かれています。それぞれの分野の専門性が非常に高いのは間違いありません。もちろん、専門性が高くない場合でも仕事自体はしてくれるものの、必ずしも満足ができる結果となるとは言い難いです。被害者にとって妥当な補償金を算出した上で被害者の利益を守るのが交通事故が得意な弁護士のセールスポイントとなります。

弁護士という存在があるかどうかによっての違いが大きいととともに、専門性を兼ね備えているかどうかの違いも大きいです。確かに弁護士に支払う費用が高くなってしまう可能性もあるものの、それでも十分過ぎるだけのメリットがあるのが事実です。

特にその地域に該当する弁護士がいればチャンスといえるでしょう。専門的な知識と経験を兼ね備えている弁護士が対応するからこそ、満足ができる結果を得られるといっても過言ではありません。

Posted in 未分類 | 専門分野に合わせる はコメントを受け付けていません。

弁護士選びの基本

いざ弁護士を選ぶにあたって意識すべき点は、やはり相談料が無料であるかどうかです。交通事故の問題が複雑だと、どんどん相談時間は長引くのは容易に想像ができるでしょう。これだけでも大きな経済的な負担となってしまうため、やはり相談料が無料であるかの重要性は高いです。さらに、弁護士費用特約を利用するのも大切で、これは任意保険のオプションとなります。うまく利用すれば弁護士費用を大きく軽減できるものの、費用倒れになってしまう可能性も考慮しないといけません。また、移住地に近い弁護士に依頼するのも大切です。

弁護士費用の実費を抑えるにあたって、遠方間でのやり取りになるとどうしても交通費や日当が高額になってしまう可能性が高まります。相談料や着手金が無料であっても、実費まで無料になるのはほぼありません。交通事故が得意な弁護士がいないのならしょうがないものの、できるだけ近くの弁護士に依頼するのがベストといえるでしょう。

一般の方が無料で法律相談ができる法テラスが実施している民事法律扶助という制度は、弁護士費用を一時的に立て替えてくれる仕組みがあり、弁護士費用に関しての問題を抱えているのなら、相談してみるのも良いといえます。

Posted in 未分類 | 弁護士選びの基本 はコメントを受け付けていません。

弁護士費用の計算方法

弁護士費用を計算するのはそう難しくはありません。一つの方法としては弁護士会の定めた報酬規定を基準とし、弁護士費用を算出する方法があります。請求する損害賠償の金額をベースとし、着手金を計算した後に損害賠償で実際に回収した金額をもとに弁護士の報酬を定めるものです。そして、現在増えているのは着手金を依頼人から受け取らないという方法もあります。この方法は報酬金を回収した金額に対して一定の割合をかけたものです。請求する補償金の金額が高くなると、弁護士の手間も労力も高くなっていきます。妥当な補償金を弁護士に算出してもらい、いくらになるかを明確に把握できるはずです。

いくら弁護士に依頼をしたいと思っても、やはり着手金がネックになる場合も少なくないでしょう。着手金は10~20万円であり、このお金を支払ったとしても十分なメリットがあるのは間違いないものの、現実問題として可能であるかどうかの問題は確かにあります。だからこそ、着手金が不要である弁護士に依頼するのも一つの手です。

あくまでも成功報酬のみで請け負ってくれるため、費用の持ち出しがないというのが嬉しいポイントになります。この不景気の中であるからこそ、着手金を用意するだけでも大変という方は少なくないはずです。

Posted in 未分類 | 弁護士費用の計算方法 はコメントを受け付けていません。

交通事故と弁護士

交通事故に遭った際には、いち早く弁護士に相談をして適切な対応をした方が良いのは間違いありません。これは加害者や加害者の保険会社と戦っていかないといけないからです。ただ、弁護士なら誰でも良いという訳ではありません。それぞれの弁護士には専門分野があります。交通事故に特化した弁護士を選択するのが基本中の基本です。気になるかかる費用に関してはそれぞれで異なると考えて問題ありません。報酬金額の設定はそれぞれの弁護士が自由に決めても大丈夫だからです。しかし、あくまでも法外な金額の設定は許されてはいません。それぞれで違いはあっても、ある程度の目安はあると考えて問題ありません。相談料に関しては無料か30分5000円が目安で、着手金は示談交渉の場合のみで10~20万円です。そして報酬額は15万円と賠償額の8%となります。

このように、弁護士に相談するにあたってやはりかかるお金とのバランスは当然ながら気になるところでしょう。そして、不景気の影響もあって、リーズナブルな料金で請け負ってくれる弁護士も少なくありません。交通事故に遭った際に弁護士に依頼するとして、基本的なお金の流れを把握しておくことの意味は非常に大きいといえるでしょう。

当サイトでは弁護士に依頼して交通事故問題を解決するにあたって知るべきお金の流れやどういった点に注目すれば良いかを解説しています。今現在交通事故に遭ったという方なら、特に注目すべき内容といえるでしょう。

Posted in 未分類 | 交通事故と弁護士 はコメントを受け付けていません。