交通事故と弁護士

交通事故に遭った際には、いち早く弁護士に相談をして適切な対応をした方が良いのは間違いありません。これは加害者や加害者の保険会社と戦っていかないといけないからです。ただ、弁護士なら誰でも良いという訳ではありません。それぞれの弁護士には専門分野があります。交通事故に特化した弁護士を選択するのが基本中の基本です。気になるかかる費用に関してはそれぞれで異なると考えて問題ありません。報酬金額の設定はそれぞれの弁護士が自由に決めても大丈夫だからです。しかし、あくまでも法外な金額の設定は許されてはいません。それぞれで違いはあっても、ある程度の目安はあると考えて問題ありません。相談料に関しては無料か30分5000円が目安で、着手金は示談交渉の場合のみで10~20万円です。そして報酬額は15万円と賠償額の8%となります。

このように、弁護士に相談するにあたってやはりかかるお金とのバランスは当然ながら気になるところでしょう。そして、不景気の影響もあって、リーズナブルな料金で請け負ってくれる弁護士も少なくありません。交通事故に遭った際に弁護士に依頼するとして、基本的なお金の流れを把握しておくことの意味は非常に大きいといえるでしょう。

当サイトでは弁護士に依頼して交通事故問題を解決するにあたって知るべきお金の流れやどういった点に注目すれば良いかを解説しています。今現在交通事故に遭ったという方なら、特に注目すべき内容といえるでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク