弁護士費用の計算方法

弁護士費用を計算するのはそう難しくはありません。一つの方法としては弁護士会の定めた報酬規定を基準とし、弁護士費用を算出する方法があります。請求する損害賠償の金額をベースとし、着手金を計算した後に損害賠償で実際に回収した金額をもとに弁護士の報酬を定めるものです。そして、現在増えているのは着手金を依頼人から受け取らないという方法もあります。この方法は報酬金を回収した金額に対して一定の割合をかけたものです。請求する補償金の金額が高くなると、弁護士の手間も労力も高くなっていきます。妥当な補償金を弁護士に算出してもらい、いくらになるかを明確に把握できるはずです。

いくら弁護士に依頼をしたいと思っても、やはり着手金がネックになる場合も少なくないでしょう。着手金は10~20万円であり、このお金を支払ったとしても十分なメリットがあるのは間違いないものの、現実問題として可能であるかどうかの問題は確かにあります。だからこそ、着手金が不要である弁護士に依頼するのも一つの手です。

あくまでも成功報酬のみで請け負ってくれるため、費用の持ち出しがないというのが嬉しいポイントになります。この不景気の中であるからこそ、着手金を用意するだけでも大変という方は少なくないはずです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク